室内オリンピック 11月23日(土)

大阪チーム「加美」学生スタッフの須永です。

ながらあく、温めていた

「第9回 加美フェスティバル―室内オリンピック―」についてご報告します。

 

室内オリンピックは11月23日(土)の小学校の体育館で開催されました。

加美地区の子供会の方、青少年指導員の方、PTAの方などが協力して朝から準備をし、

いよいよ、10時に競技スタート!

 

種目は、以下の4つです。

①    徒競走  :画用紙を2枚床に置き、その上を交互にのって、前に進みます。

所要時間は点数に換算します。→中腰で進むので結構難しい!

②    円盤投げ :柔らかいフリスビーを的に向かってなげ、的の中心との距離を点数に

換算します。→才能ある人は点数高し!

③    ケンケン走:ケンケンで走るタイムを点数に換算します。→子どもはやっ!

④    風船とばし:バルーンアートで使う、ペンシル型バルーンに空気をいれ、その空気の

噴射で飛んだ距離を点数に換算します。

→まっすぐ飛ばず、横や後ろへ飛ぶこと多々あり!思ったより難しい

 

競技の様子は「加美チーム 秋のイベント第2号」(加美チームの報告)に

あっぷされています!

 

どの年代の方が参加しても、安全に楽しめるように

事前に打ち合わせ(11月18日加美こども連合会打ち合わせ;原口君の報告参照)をしていた甲斐があり、

子どもから大人まで皆さんとーっても楽しそう!もちろん、けがにんも0!

使用済み風船で作ったバルーンアート「お花」や「剣」などは子供たちにも大人気!

 

私たち学生ボランティアも楽しませていただきました。

数十年ぶりの本気ケンケンには少しドキドキしましたが、無事にゴールできました。

 

子どもたちも、保護者のかたも、地域のかたもみんなが笑顔になるイベントで、

地域のつながりが素晴らしいなあと感動しました。

そして、子どもたちと一緒に参加する楽しそうなお父さんの姿や、

川野さんとともにオリンピックの運営に携わられた子供会やPTAの頼りになるお父さんたちの姿に、

今後のさらなる活躍を感じ、とってもわくわくする一日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中