第10回 加美フェスティバルを開催

11月23日(日)「第10回 加美フェスティバル」を開催しました。

今回の加美フェスティバルの内容は、昨年と同じく加美小学校の講堂で「室内オリンピック」を行いました。

競技種目は以下の4種目です。

1.徒競走

ルール:八つ切り画用紙2枚を渡し、その画用紙を交互に前へ置いて、その上に乗って、年齢によって定められたスタート位置からゴールまでのタイムを競う。(距離は、幼児:3m、小学校低学年:4m、小学校高学年:5m、一般:6m、高齢者:4m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

2.円盤投げ

ルール:的に向かって5mの距離からソフトフリスビーを投げて、的の中心までの距離を競う。(幼児だけは2mです)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あいにく、子どもが投げている写真は有りませんが、見学に来られた事務局のお二人も各競技に挑戦して頂きました。

結果は・・・・(?)

 

 

 

 

3.ケンケン走

ルール:年齢によって定められたスタート位置からゴールまで、ケンケンで走ってそのタイムを競う。

(距離は、幼児:4m、小学生:6m、一般:7m、高齢者:4m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お孫さんと一緒に参加された方も、各競技の点数でお孫さんと競っておられました。

 

 

 

 

 

4.迷路

ルール:迷路の中に設けられた5つのポイントを回り、各ポイントでスタンプを押し、そのスタンプの数を競う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイムを競うようにすれば、子ども達が中で走って、迷路を壊すことが気になりましたので、今回は時間に関係無く、スタンプの数だけで得点としました。

 

そのため、子ども達は、出口近くまで行っても、スタンプが少なければ引き返して、同じところを何度も通っていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

迷路で満点のスコアカードです。

 

途中 でギブアップする参加者のために、2階からの監視役を2名配置したのですが、皆さん脱出に成功されました。

 

 

 

最後に、2時間掛けて作った迷路ですが、片づけには養生テープの色彩管理が功を奏し、写真を撮る間もなく30分ほどで片付きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA撤去方法は、

まず、白の養生テープをカッターナイフで切って、ダンボールをバラバラにします。(足は付いたままです)

次に、ダンボールから足を切り離します。

養生テープを剥がすと、ダンボールと足の紙管が痛みますので、養生テープは全て切り離して、次回も使えるようにしました。

 

 

今回も参加者が少なかったのですが、この迷路を2~3年続ければ参加者も増えるとの希望を持って、来年も実施する予定です。

(迷路は是非続けたいです)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中