事務局訪問記 ~にこパパ編~

にこパパ イベント「パパの子育て家族の子育て みんなで子育て考えよう」に行ってきました!
子育ては母親だけのものではありません。パパも、ママも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、地域も、企業も…。社会全体みんなで子どもたちを育てたい。そんな思いをこめて、西淀川区でのパパイベント初開催です!!

内容は、「NHKすくすく子育て」コメンテーターでおなじみのNPO法人ファザーリングジャパン関西顧問、小崎恭弘さんの講演と、同代表理事のマジックパパ、和田憲明さんによるおやこ遊びやディスカッションなど盛りだくさん。

小崎さんの講演は、子育てを様々な角度からパパ目線で切り込んでいく、それはそれはユニークで目から鱗・・の魅力あるお話でした。なにせ、普段は社会の星、企業戦士のパパ目線の子育て話なんて、聞いたことがありませんよね。その内容の一部を矢本がリポートいたします。

子育てに協力してみたいと思っていても、なにができるのか、どんなことが求められているのか、ちっとも全然わかっていないパパが多数。

パパが考えるのは、家事の手伝いなどママの補助的な役割。ところがどっこい、ママが求めているNO.1は「ママへのやさしい気遣い」なんです!(このズレにびっくり、思わず私は笑ってしまいました)

そして、ママの優しく寄り添って見守る子育て。ならば、パパの子育ては「ママの対角線で!」。激しく、大きく、強く!
そういう視点で子育てに関わり、子どもたちの遊びの社会性をひろげ、多様性を育てよう!

子育てって何歳まで?社会は多様化しており、「子ども自身の自立」という目標を達成するまで、何年かかるかわからない現代。
けれど、親が子どもに関わり、しっかりと育てていける間は、親は親の思いと情熱をもって、子育て戦略をもって手間をかけ、労力をおしまず、育てていきましょう。子育てにはいろんな人がかかわることも大切。社会の力を借りながらでいいんです!

・・・と、小崎先生の熱い講演は続きました。
子育ての大切さとともに、育てることのできる立場にあること、自分が親であることになんだか感謝。子どもたちとともに、まだまだ成長しなくちゃ!とう思った本日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中